医療トピックス トピックス
毎日ドクター 健康かわら版 3月号 2019.02.25
一般財団法人 毎日ドクター

― 2019年 花粉症情報 ―

毎日ドクタ-理事長
山田正樹

 【スギ花粉・ヒノキ花粉の飛散時期】

愛知県ではスギ花粉は2月18日より本格的に飛散を開始しています。
3月上旬~中旬でピ-クとなります。ヒノキ花粉は4月上旬ごろ飛散がみられ、4月中旬~下旬にピ-クとなります。

【スギ花粉・ヒノキ花粉の飛散量】

花粉の飛散量は前年夏の気温、日照時間、降水量に左右されます。東海地方は昨年猛暑でしたので今年の飛散量はスギ花粉もヒノキ花粉も昨年と比べて微増する予想です。例年の平均値と比べても微増と予想されます。

【花粉症対策】

①天気予報の花粉情報を参考にしましょう。急に気温が上がる日、風の強い日、雨が降った翌日は飛散量が増大します。布団や洗濯物は部屋干しにしましょう。

②花粉症用マスクやメガネで侵入する花粉を減らしましょう。

③オフィスや自宅に花粉を持ち込まないようにするため入室前や帰宅時に衣類をよく拂いましょう。空気清浄器を活用しましょう。

④午前10時から午後4時までの間は花粉が多く飛散しますので屋外活動の時間帯を工夫しましょう。

⑤花粉症は眼・鼻・咽頭粘膜の過敏なアレルギ-反応です。眼科、耳鼻科咽喉科、内科で坑アレルギ-薬(点眼、点鼻、内服)の相談をしましょう。

⑥花粉症により鼻閉をおこすと夜間に開口呼吸となり咽頭炎、上気道炎をおこしやすくなります。また、気管支ぜんそくや副鼻腔炎の既往がある方は花粉症により増悪することがあります。早目に医療機関を受診して対策を相談しましょう。

⑦花粉症が引き金となり免疫反応の誤作動、過敏過大反応が起きやすくなります。のんびりリズムで生活しましょう。

 
毎日ドクター 健康かわら版 2月号 2019.01.31
一般財団法人 毎日ドクター

― GI値(グリセミック インデックス) とは ―

毎日ドクター理事長
山田 正樹

GI値(グリセミック インデックス)とは
食べ物の中に含まれている糖質は小腸から吸収されて血糖となります。
血糖は膵臓から分泌されるインスリンホルモンによって全身の組織に取り込まれてエネルギーとして利用されます。
食事の度に血糖は穏やかに上昇して穏やかに低下します。ところが糖質を多く摂取し過ぎると急激に血糖が上昇して血糖値スパイクをおこします。血糖値スパイクがおきると動脈硬化が進行して高血圧、心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高まります。
詳しくは先月の健康トピックスを参照してください。
食後の穏やかな血糖上昇を目指すために考えられた指標がGI値(グリセミック インデックス)です。ブドウ糖50gを摂取した後の血糖上昇(血糖上昇曲線の面積)を100とした場合、食品に含まれる糖質が50gになるまで摂取した後の血糖上昇(血糖上昇曲線の面積)を数値化したものです。55以下が低GI値食品、70以上が高GI値食品に分類されます。
白米を軽めに茶碗1膳でGI値72、厚切り(4枚切り)食パン1枚でGI値71となります。
GI値が低い食品ほど食後の血糖上昇は穏やかになります。

食品のGI値(グリセミック インデックス)分類
代表的な食品のGI値です。参考にしてください。

低GI値食品 そば 大豆 乳製品 ヨーグルト ナッツ アーモンド ゆで卵 ところてん

中GI値食品 パスタ うどん 玄米 雑穀米 ライ麦パン 全粒粉パン サツマイモ

高GI値食品 白米 精製パン クロワッサン ジャガイモ かぼちゃ 柿 大福 せんべい

米や小麦は精製されていないものが低GI値食品になります。
玄米と白米では糖質量は同じですが玄米には表皮や胚芽など繊維質が多く含まれているため血糖上昇は穏やかになります。
全粒粉パンと精製パンも糖質量は同じですが全粒粉パンは表皮、小麦ふすま、胚芽などの繊維質を多く含んでいるため血糖上昇は穏やかになります。同じ糖質量でも含有繊維質によりGI値は変わります。
糖質過多=高GI値ではありません。糖質の多い食品は繊維質の多い食品と一緒に摂取することで食後の血糖上昇を穏やかにすることができます。

健康につながる食事の摂り方

①糖質の多い食品の食べ過ぎ、大盛り、早食いは控えましょう。

②GI値を参考にして多品目の食品を食べましょう。

③繊維質の多い野菜、大豆、キノコ、海藻などを先に食べましょう。

④魚や肉はGI値の対象にはなりません。脂やカロリーに注意しましょう。

⑤菓子パンや間食が食事の代わりにならないようにしましょう。

 
毎日ドクター 健康かわら版 1月号 2018.12.26
一般財団法人 毎日ドクター

― 血糖値スパイクをおこさない食事を心がけましょう ―

毎日ドクター理事長・産業医
山田 正樹

血糖値スパイクとは
私達が毎日食べる食事には3大栄養素として糖質、脂質、たんぱく質があります。
食事により摂取された糖質は小腸から吸収され血液中の糖分(血糖)となります。
血糖は膵臓から分泌されるインスリンホルモンにより全身の筋肉細胞に摂りこまれてエネルギーとして燃焼します。空腹時血糖値100㎎/dlは食後1時間で120~130㎎/dlまで上昇して食後2時間で110㎎/dl以下となります。
食事の度にこの穏やかな血糖値の上下がみられます。しかし糖質を多く含んだ食品を大量に摂取したり、早食いをすると食後1時間で血糖値は140㎎/dl以上となります。
膵臓は高血糖状態を是正するために大量のインスリンホルモンを分泌するため今度は一気に血糖値が低下します。この急峻型の血糖値の乱高下を血糖値スパイクと呼んでいます。

血糖値スパイクが全身に及ぼす影響とは
①高血圧、心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高まる
ラットを使った実験では血糖値が短時間に乱高下すると血管内に活性酸素が増加して血管内膜に炎症がおこることが証明されています。血管内膜に炎症が繰り返されますと修復するためにマクロファージが沈着して血管内腔は狭くなり血管壁は硬くなり、徐々に動脈硬化が進行していきます。その結果、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高まります。

②がん細胞が増殖するリスクが高まる
血糖値スパイクがおきる度に大量のインスリンホルモンが分泌されます。インスリンホルモンはがん細胞を刺激するため、がん細胞が増殖しやすくなります。

③膵臓が疲労して糖尿病予備軍から糖尿病に進行するリスクが高まる
血糖値スパイクが日常的に繰り返されますと膵臓が疲労してインスリンホルモンの分泌が低下していきます。その結果、血糖はエネルギーとして利用されにくくなり糖尿病予備軍から糖尿病へとすすんでいきます。

血糖値スパイクを予防しましょう
糖質を多く含む食品のどか食い、早食いを控えましょう。またベジタブルファーストの食べ方で食物繊維を先に摂ると、小腸からの糖質の吸収はゆっくりになります。朝食を抜くと昼食後の糖質吸収は高まりますので必ず朝食は食べましょう。セカンドミール効果と言って朝食で食物繊維の豊富な食品を食べると昼食後の血糖値上昇は穏やかになります。
食後は血糖を燃焼させるために体操、筋トレ、ぶらぶら散歩などがおすすめです。

 
毎日ドクター 健康かわら版 12月号 2018.11.28
一般財団法人 毎日ドクター

ロコモティブシンドロームを予防しましょう

毎日ドクター理事長・産業医
山田 正樹

■ロコモティブシンドロームとは
2007年に日本整形外科学会は「運動器の障害によって移動機能が低下した状態をロコモティブシンドロームとよび、進行すると自立した生活が阻害され、介護の必要が高まる」と提唱しました。全身の様々な筋肉の衰えにより、立つ、歩く、バランスを保つ筋力が低下すると日常生活に支障をきたし要介護のリスクが高まります。超高齢化社会を向かえた現在、生涯にわたり介護を必要としない自立した生活をめざしましょう。

■フレイル(虚弱)という概念
2014年に日本老年医学会はフレイル(虚弱)という概念を発表しました。
これは「加齢老化に伴い、健康な状態から⇒プレフレイル⇒フレイル⇒要介護に進行する。要介護から⇒フレイルには回復しないが、フレイルの状態から⇒プレフレイル⇒健康な状態への回復は可能である」というものです。
フレイルに進行していく要因として

①ロコモティブシンドローム(運動機能の低下)
②認知症(記憶障害)
③独居・老老介護(社会環境)

があげられます。

■ロコモティブシンドロームのチェック
ロコモティブシンドロームのチェック項目は

①片脚立ちで靴下がはけない
②家の中でつまずく
③階段を上がるのに手すりがいる
④家事が困難
⑤2㎏程度の買い物を持ち帰れない
⑥15分連続で歩けない
⑦横断歩道を青信号で渡りきれない

などです。
該当する項目があれば、将来ロコモティブシンドロームにならないように予防が必要です。

■ロコモティブシンドロームの予防
ロコモティブシンドロームを予防するためには筋肉重量を維持することが重要です。良質なたんぱく質(魚、鳥・豚・牛の脂身の少ない部分)をしっかり摂取して運動を継続しましょう。運動により鍛える筋肉には、歩くための筋肉(遅筋)とバランスを保ち転倒を防ぐ筋肉(速筋)があります。ウオーキングだけでは1年に1%ずつ筋肉重量は減少していきますので、ウオーキング+筋トレ、スクワット、太もも上げ等がおすすめです。筋トレは1㎏程度の軽めのダンベルやペットボトルを利用して過大な負荷は避けましょう。スクワットは屈むときに息を吐き、膝がつま先より前に出ないようにしてゆっくりおこないましょう。
太もも上げは転倒しないように何かにつかまって水平の高さまでゆっくり上げましょう。息をこらえて力を入れると血圧が上昇します。力を入れる時は息を吐きましょう。

 
毎日ドクター 健康かわら版 11月号 2018.10.31
一般財団法人 毎日ドクター

 ― 健康長寿の担い手ホルモン アディポネクチン とは ―

毎日ドクター理事長・産業医
山田 正樹

アディポネクチンとは
アディポネクチンは私達の体内に存在している脂肪細胞から分泌されるホルモンです。
100歳以上の高齢者女性では血中アディポネクチン値は高いことが判明しています。アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されますが過剰な脂肪細胞の蓄積により肥満症になると分泌量は減少します。適正体重の方はメタボ体型の方よりも血中アディポネクチン値が高く、故にアディポネクチンは健康長寿を担うホルモンと考えられています。

アディポネクチンの作用は
①2型糖尿病の予防
アディポネクチンは血糖を筋肉に取り込みエネルギ-として燃焼する作用を手助けして2型糖尿病の予防をします。内臓脂肪が増えてメタボ体型になるとアディポネクチンの分泌量が減り血糖が利用されず糖尿病予備軍となっていきます。

②動脈硬化の予防
動脈硬化は過剰な悪玉コレステロ-ルが血管内皮細胞に沈着して炎症を起こしプラ-クと呼ばれる瘤を形成することにより進行します。アディポネクチンは血管内皮細胞の炎症を抑え瘤の増大を防ぎます。

アディポネクチンを増やすためには
大豆食品はアディポネクチンの分泌を増やします。豆腐料理は色々なアレンジができますのでおすすめの食材です。ただし豆腐料理もカロリ-がありますので注意して下さい。ニンジン、トマト、おくら、小松菜などの緑黄色野菜もアディポネクチンの分泌を増やす食材といわれています。また、ワカメ、あおさ、ひじきなどの海藻類もアディポネクチンの分泌を増やす効果があります。
内臓脂肪が増加するとアディポネクチンの分泌量は減少します。体脂肪を燃焼させて適正体重を目指すためにウオーキング、適度な筋トレを行いましょう。

■臨床的応用は
血中アディポネクチン値は採血検査により測定可能ですが、現在は保険診療では認められていません。
正常値は5~10μg/dlです。糖尿病、動脈硬化、高血圧症の予防と健康長寿の指標として今後の臨床的応用拡大が期待されています。

 
毎日ドクター 健康かわら版 10月号 2018.09.28
一般財団法人 毎日ドクター

いつまでも歩き続けよう!最新科学で見つかった歩くことのメリット!

毎日ドクター理事長・産業医
山田 正樹

■人類はなぜ歩きだしたか
私達人類の祖先は30万年前に登場したネアンデルタール人と、その後20万年前に登場したホモサピエンスであると考えられています。ネアンデルタール人もホモサピエンスもアフリカ大陸で生まれました。彼らはより良い生活環境を求めて、そして多くの獲物を求めて歩き出しました。アフリカ大陸からヨーロッパへ、そしてアジアへと果てしない旅に出ました。

■最新科学が歩きを解明
歩くという行動は着地の瞬間に下肢や腰椎に衝撃をあたえます。この衝撃により骨から重要なホルモンが分泌されていることが最新の研究で判明しました。1つは免疫力を向上させるオステオポンチン、もう1つは記憶力を高めるオステオカルシンです。人類の祖先が獲物を求めて果てしない旅に出た時、病気にならない丈夫な体を維持するために、そしてどの森にどんな獲物が多くいるのか記憶するために、歩くという行動が人類にとって重要なホルモンを分泌するメカニズムへと進化していったのです。

■歩くことのメリット
これまでは予防医学の立場から、歩くことによって

①心肺機能が維持される
②筋力が維持される
③骨が丈夫になる
④糖尿病の予防効果がある
⑤コレステロール値が安定する

などが実証されてきました。これに加えて最新の研究では前述のように歩くことにより病気に対する免疫力が向上すること、記憶力が保たれて認知症の予防に効果があることが分かったのです。

■上手な歩き方
歩くことは健康長寿に不可欠です。上手な歩き方のコツとして

①歩く時間は食後1時間半後がおすすめです。
②歩く前には少し水分をとりましょう。
③一度に連続して何時間も歩くより30分程度の散歩を朝夕2回にわけて疲れを残さないようにしましょう。
④歩く前と歩き終わった後には体操とストレッチをしましょう。
⑤拳半分ほど歩幅を広げて体重移動を意識して歩きましょう
⑥インターバルウオーキングといって、時々3分間ほど早足で歩いてみましょう。

などがあげられます。

■いつまでも歩き続けよう
人類の祖先が生み出した歩きのメカニズムを大切にして、いつまでも人生という道を楽しく元気に歩き続けましょう。

 
毎日ドクタ- 健康かわら版 9月号 2018.08.30
一般財団法人 毎日ドクター

― 酷暑で弱った胃腸を整えましょう ―

 

毎日ドクタ-理事長 産業医  山田正樹
管理栄養士 糖尿病療養指導士 飛弾恵美子

 

酷暑で弱った胃腸

今年は酷暑が続いたため熱中症や、倦怠感を訴える方が大変多くみられました。また、これからは夏の疲労や冷たい飲み物などの影響で胃腸障害を起こす方が増えてきます。食欲がなくなったり、お腹が張ったり、軟便になったり様々な胃腸症状がみられるようになります。冷たい飲み物が急速に胃に流入しますと胃壁の毛細血管は収縮して胃粘膜の血流は低下します。さらには胃酸や胃粘液を分泌する消化管の細胞機能も低下して胃もたれ、膨満感、軟便の原因となります。今回は酷暑で弱った胃腸の機能を改善する食材を紹介します。

梅干で食欲、消化機能アップ

梅干は条件反射により唾液の分泌を高め胃腸の蠕動運動を活発にします。梅干の主成分のクエン酸は疲労回復作用や殺菌作用があり、疲れた胃腸機能を回復させて食中毒予防効果を発揮します。また、梅干には梅リグナンという成分がふくまれており萎縮性胃炎の原因となるピロリ-菌の活動をおさえる効果(静菌作用)もあります。

モズク、メカブやオクラで胃粘膜を保護

モズク、メカブに含まれるヌルヌル成分であるフコダインやオクラに含まれるネバネバ成分であるムチンは疲れた胃粘膜を保護して食べ物による刺激を穏やかにします。胃もたれ、膨満感の予防に効果を発揮します。

キャベツで胃粘膜を修復

キャベツに含まれているビタミンUは炎症をおこした胃粘膜を早く修復する効果があります。ビタミンUは水溶性ビタミンですので、生キャベツや千切りキャベツで摂取するのがおすすめです。

ヨ-グルトや発酵食品で腸内細菌を調整

ヨ-グルトや発酵食品(味噌、納豆、つけもの、かす漬け等)は腸内善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を調整します。腸内善玉菌が調整されると栄養吸収や水分吸収が良好になり排便も良好になります。

食べ方にも工夫を

冷たい飲み物はそろそろ控えましょう。食事はよく噛んでゆっくり食べましょう。

ゆっくり時間をかけて食べることにより胃腸の調子が把握でき、消化吸収の負担が減ります。また野菜を先に食べることにより食後の急激な血糖値上昇を穏やかにして糖尿病を予防する効果も現れます。

 
毎日ドクタ- 健康かわら版 8月号 2018.07.27
一般財団法人 毎日ドクター

夏型過敏性肺炎

産業医・毎日ドクタ-理事長 山田正樹

■夏型過敏性肺炎とは
夏型過敏性肺炎とは締め切った室内でエアコンを多用する夏場にみられる肺炎で、痰を伴わない乾いた咳や微熱が特徴です。通常の夏風邪とは異なり、いったん軽快した後も何度も症状が再発します。

■夏型過敏性肺炎の原因
原因は細菌やウイルスではなく、アレルギ-性の炎症を引き起こす抗原を吸い込む事により発症します。抗原として最も多いものはトリコスポロンというカビが放出するカビ胞子です。トリコスポロンというカビは古くなった木材、畳、湿気の多いキッチン周り、浴槽、洗濯機の床面などに発生します。また梅雨が明けた夏場に締め切った室内で長時間エアコンを使用するとエアコン内部にも発生します。

■夏型過敏性肺炎の特徴
以下に夏型過敏性肺炎の特徴をあげます。
①4月から10月に多い。特に梅雨明けの時期に急増する。
②40歳以上の方に多い。喫煙者は症状が長引く。
③痰を伴わない乾いた咳と微熱が長引く。
④風邪薬でいったん軽快しても再発しやすい。
⑤特定の場所(自宅、職場)で症状が増悪する。
⑥長期間罹患すると肺が固くなり日常生活でも息切れ症状が出る。

■夏型過敏性肺炎の予防、対策
以下に夏型過敏性肺炎の予防、対策をあげます。
①古くなった木材や畳は取り換える。
②湿気の多いキッチン、浴槽、洗濯機の床面はこまめに掃除してカビの発生を防ぐ。
③エアコンの掃除をこまめにする。
④夏季のエアコン使用時も時々換気をする。
⑤喫煙により夏型過敏性肺炎は増悪するので1日でも早く禁煙をする。
⑥咳や微熱などの風邪症状が市販薬でいったん治っても何度も再発する時は病院で相談をする。症状が出やすい環境がないか自己チェックをする。

 
毎日ドクタ- 健康かわら版 7月号 2018.07.04
一般財団法人 毎日ドクター

梅雨時の体調管理のポイント

産業医・毎日ドクタ-理事長 山田正樹

■通勤電車内 室内での軽症熱中症
梅雨時は高温多湿の環境となります。加えて満員の通勤電車内は冷房の効き方にバラつきがあるため不快な蒸し暑さとなります。私たちは発汗作用で汗をかき、その気化熱により体表温度を調節していますので高温多湿の状態では発汗作用が低下して体表温度が下がりにくくなります。梅雨時は眩暈、頭痛、立ちくらみといった軽症熱中症がよく発生します。起床後に頭痛や倦怠感を感じたり、通勤電車内で気分不快を感じた場合は軽症熱中症(自律神経失調)が疑われます。対策として普段から運動をして汗をかきやすいからだにしておくこと、ゆったり半身浴をして汗を出すこと、オフィスで座りっぱなしにならず立ったり座ったりよく動くこと、団扇や扇子で頚部を扇いでク-リングすること、こまめに水分を補給することなどが大切です。

■梅雨時の早朝は脳梗塞がおきやすい
梅雨時の不快な蒸し暑さのため冷房の効いた室内で過ごすことが多くなると、活動量が低下して血流は停滞します。血流が停滞すると血栓が発生しやすくなります。梅雨時にこまめな水分補給を怠り脱水経口になっていると、血管内で発生した血栓が脳血管に流れこみ脳梗塞を起こしやすくなります。対策としてはよく歩きこまめな水分補給をしましょう。就寝中も枕もとにペットボトルを置いて一口でも水分補給を心がけましょう。

■紫外線による慢性疲労
梅雨時から初夏にかけては紫外線量も増大します。曇りの日でも紫外線は地表に届きますので油断しないようにしましょう。紫外線はビタミンDを活性化させて骨粗鬆症を予防しますが、過度の紫外線は体の疲労、酸化、発癌性を高めます。帽子、日傘、UⅤカットの化粧品などを利用しましょう。また紫外線は眼底の網膜からも吸収されて全身疲労の原因となりますので、休日の外出にはUⅤカット仕様のサングラスなどを利用しましょう。レンズの色が濃いサングラスは瞳孔が拡大して眼底から紫外線を吸収しやすいので、うっすらと瞳が見える程度の濃さのレンズがお勧めです。

■冷たい飲み物はほどほどに
冷たい飲み物を毎日摂取していますと胃腸の消化吸収能力が低下して食欲低下、胃もたれ、軟便、下痢などをおこします。また、普段は平気な食べ物やボリュ-ムでも胃腸が健全でないと急性胃腸炎をおこすことがあります。冷たい飲み物やキンキンに冷えたビ-ルなどの飲みすぎに注意をしましょう。

 
毎日ドクタ- 健康かわら版 6月号 2018.06.13
一般財団法人 毎日ドクター

ヘルペス感染症の正しい知識を

産業医・毎日ドクタ-理事長 山田正樹

■ヘルペスとは
ヘルペスはウイルスの一種で単純ヘルペスⅠ型、単純ヘルペスⅡ型、帯状疱疹などに分類されます。40歳代までに約70パーセントの人が感染しています。ヘルペスはいったん感染すると微量なウイルスが顔面の三叉神経節に潜伏感染します。

■ヘルペス発症のメカニズム
私たちの体力や免疫力が健常な時は、顔面の三叉神経節に潜伏感染しているヘルペスウイルスは増殖できず悪さはしません。けれども睡眠不足、多忙、ストレス、飲みすぎ、風邪、重症疾患などで体力や免疫力が落ちているとヘルペスウイルスは増殖をはじめて瞼、鼻、唇周囲に発赤や水泡をおこします。ヘルペスはギリシャ語の這う、這い出すという意味が語源といわれています。

■ヘルペスの症状と治療
ヘルペスウイルスは増殖すると三叉神経が枝分かれしている瞼、鼻、唇周囲の皮膚粘膜に発赤や水泡をおこします。水泡の中にはヘルペスウイルスが含まれていますので破れると周囲に症状が拡大します。まれに角膜炎、視力低下、脳炎を合併することがありますので早めに皮膚科、内科を受診して局所の治療をすると同時に体力や免疫力低下の原因を調べましょう。

■帯状疱疹はヘルペスウイルス重症感染
帯状疱疹はヘルペスウイルスの一種ですが症状は重症です。胸部、脇、背中、顔面などに最初はピリピリとした痛みがおこり、次に赤い発疹がみられます。痛みは強くなり3日後あたりで水泡が帯状に出現します。早期に治療をしないと痛みの後遺症が残りますので直ちに皮膚科、内科を受診しましょう。

■紫外線でヘルペス発症増大
夏の紫外線は皮膚表面の免疫をコントロールしているランゲルハンス細胞の機能を低下させます。夏のレジャー後に疲れと日焼けによりヘルペスが発症しやすくなります。無理な計画で疲れをおこさないように注意して紫外線対策をしっかりしましょう。

■免疫力をキープしてヘルペスを予防
ヘルペスは私たちの免疫力が低下していると発症しやすくなります。ヘルペス発症の有無は免疫力のバロメーターと言えます。日頃から良質な睡眠をとる、多忙な生活をしない、ストレスを溜めない、飲みすぎない、様々な病気の早期発見、紫外線対策などを心がけていきましょう。

 
1 2 3 4 5 6 7
一般財団法人 毎日ドクター
 
一般財団法人 毎日ドクター
一般財団法人 毎日ドクター

前ページへ トップへ 次ページへ

一般財団法人 毎日ドクターコンテンツ
医療トピックス
一般財団法人 毎日ドクター
一般財団法人 毎日ドクター
一般財団法人 毎日ドクター
一般財団法人 毎日ドクター
〒450-6626
名古屋市中村区名駅一丁目1番3号 JRゲートタワー26階
Tel:052-581-2526

 
■交通機関のご案内
(いづれも徒歩にて)
●JR名古屋駅から約5分
●地下鉄名古屋駅9番出口から約5分
(JRゲートタワー地下1階入口)
●名鉄名古屋駅から約5分
●近鉄名古屋駅から約5分
一般財団法人 毎日ドクター
・内科
・耳鼻咽喉科
・眼科
・皮膚科
・精神科
・婦人科
・健康診断
・人間ドック
・産業医活動
・診療時間
診療時間は
各科で異なります。
詳しくは診療案内を
ご覧ください。
・休診日
日曜日、祝休日、
土曜日午後
一般財団法人 毎日ドクター

Copyright (C) 2012 Mainichi Clinic. All Rights Reserved.