医療トピックス トピックス
毎日ドクタ- 健康かわら版 7月号 2017.06.26
一般財団法人 毎日ドクター

熱中症対策をしましょう

産業医・毎日ドクタ-理事長 山田正樹

■熱中症のメカニズム
熱中症は急に気温が上昇する6月から湿度の高い梅雨時の7月、そして炎天下の8月や残暑の9月によく発症します。今年は梅雨入り後に乾燥した晴天が続いていましたが、6月下旬より湿度が上がってきました。湿度が上昇すると発汗による体表温度のコントロ-ルが難しくなります。屋外だけではなくイベント会場、通勤電車など人が密集していて風通しが悪い環境は要注意です。その本態は血管の緊張や発汗作用をコントロ-ルする自律神経の失調、大量発汗による脱水症状、さらには脳の体温調節機能の失調と多岐にわたります。

■熱中症の症状
軽症: 高温、多湿、無風の不快な環境により血管の緊張が不良となり、立ちくらみ、めまい、頭痛がおきます。また、長時間同じ姿勢をとることにより手足の末梢循環が悪くなり、筋肉が硬くなったり、しびれを感じたりします。

中等症:水分摂取不足により脱水症状がおこり、脱力、握力低下、頻脈、血圧低下、けいれん、失神などがみられます。

重症: 脳の視床下部にある体温調節中枢が機能しなくなり、40度以上の発熱、昏睡ショック症状をおこします。

■熱中症対策
①気温や湿度の上昇に徐々に慣れていくために、涼しい時間帯や地下街などを利用して15分程、余分に歩きましょう。ストレッチや軽めのダンベルなども有効です。発汗をおこなう汗腺の代謝が良くなると汗の出やすい体になり、気化熱により体表温度が下がり快適に過ごせるようになります。

②口渇を感じる前に、こまめな水分補給をしましょう。

③仕事中は風通しを良くして、長時間同じ姿勢で仕事をしないように工夫しましょう。

④帽子や日傘で直射日光を避けて、首回りや脇の通気性の良い服装をしましょう。

⑤大量に発汗した時はスポ-ツドリンクを利用しましょう。適度な塩分も有効です。

■熱中症の緊急応急処置
軽症、中等症の場合は首回り、衣服をゆるめて涼しい所で横になり、水分、スポ-ツドリンク、塩分補給をしましょう。けいれん、頻脈、握力低下、ふわふわする場合は病院で点滴治療が必要です。医療機関を受診しましょう。

重症の場合は40度以上の発熱、昏睡、ショック症状をおこしているため直ちに救急車を手配します。救急車の到着までは首回り、衣服をゆるめて涼しい所に寝かせて額、首回り(頸部)、脇、股間(ソケイ部)をアイスパックや冷水で冷やして待機しましょう。

 
一般財団法人 毎日ドクター
 
一般財団法人 毎日ドクター
一般財団法人 毎日ドクター

前ページへ トップへ 次ページへ

一般財団法人 毎日ドクターコンテンツ
医療トピックス
一般財団法人 毎日ドクター
一般財団法人 毎日ドクター
一般財団法人 毎日ドクター
一般財団法人 毎日ドクター
〒450-6626
名古屋市中村区名駅一丁目1番3号 JRゲートタワー26階
Tel:052-581-2526

 
■交通機関のご案内
(いづれも徒歩にて)
●JR名古屋駅から約5分
●地下鉄名古屋駅9番出口から約5分
(JRゲートタワー地下1階入口)
●名鉄名古屋駅から約5分
●近鉄名古屋駅から約5分
一般財団法人 毎日ドクター
・内科
・耳鼻咽喉科
・眼科
・皮膚科
・精神科
・婦人科
・健康診断
・人間ドック
・産業医活動
・診療時間
診療時間は
各科で異なります。
詳しくは診療案内を
ご覧ください。
・休診日
日曜日、祝休日、
土曜日午後
一般財団法人 毎日ドクター

Copyright (C) 2012 Mainichi Clinic. All Rights Reserved.